toggle
店主が日本中を旅して目利きしたご当地のうまいものが並ぶお店です。店内に並ぶのは、昔ながらの製法で作られる無添加調味料や、その土地ならではの美味逸品、子供にも安心して食べさせられるおいしいお菓子などなど。ぜひ宝探しする気持ちでいらしてくださいね。
2018-04-27

【募集中】2018/5/12(土) 竹箍ブレスレット作りワークショップ

 

京都に工房を構える「桶屋近藤」の木桶職人 近藤さんによる竹箍(たけたが)ブレスレットの作りのワークショップです。
箍(たが)とは木桶のの側板のまわりにはめる竹や金属できできた輪のことで、その編み方には様々な種類があります。かつては箍を専門とした職人もたくさんおり、とても専門性の高い繊細な仕事です。
「桶屋近藤」ではコップサイズのとても小さな木桶も製作しています。ブレスレット作りには小さなサイズの木桶を作る職人さんならではの繊細な技術が生かされています。

【内容】
①木桶の構造や道具、箍(たが)の役割
桶屋近藤の作品について
製作工程の動画や実際の道具や作品を見ながらわいわい学びます。
京都という土地柄、特殊な木桶も数多く作る近藤さん。繊細さを極め、凛とした雰囲気漂う近藤さんの作品の数々もご紹介します。
「こんな桶もあったのか!」とおひつやすし桶だけではない、幅広い木桶の魅力を発見できますよ。そしてなにより、近藤さんのやさしいお人柄に癒されること間違いなし!

②みんなで竹箍ブレスレットを作ろう!
ひとりお一つ、竹を編んでブレスレットを作ります。
竹を折らないように慎重に・・
なかなか難しい作業ですが、近藤さんが教えてくれるので心配いりません。世界でひとつだけ、特別なブレスレットの出来上がり!

「桶屋近藤」職人 近藤氏のご紹介
近藤太一 Taichi Kondo
1973 大阪府に生まれる
1998 京都精華大学大学院美術研究科立体造形専攻 修了
2002 木工芸家 中川清司(重要無形文化財保持者)に師事
職人として、桶、指物の技術を学ぶ
2009 独立
京都市北区紫野に工房「桶屋近藤」をひらく
2016「京指物」伝統工芸士の認定を受ける

京桶・京指物の職人としてトップレベルの腕前とこれまでの素晴らしい実績、そして温厚で優しい人柄がとても高く評価されている次世代を担う若手最有力職人の一人です

【開催日時・費用・お申し込み方法・期限】
・開催場所:きしな屋大阪せんば店
〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺1丁目9-8ダイキビル1F
(地下鉄「堺筋本町駅」7番出口から南に徒歩3分、日本紐釦(ニホンチューコー)さん隣)

・開催日時:下記の時間帯からお選びください。
2018/5/12(土)
①10:30~12:00
②13:30~15:00

・費用:3,800円(税抜) 当日いただきます。

・お申し込み方法と期限
5/9(水)までに「きしな屋木桶部」宛FBメッセージ、
もしくはきしな屋お問い合わせフォームからお申し込みください。お問い合わせフォーム↓
http://www.kishinaya.com/contact

①お名前(フルネーム)
②お電話番号
③ご希望の時間帯
④人数
をお知らせください。

!必ずご確認ください!
【キャンセルポリシー】
万が一キャンセルされる場合は、5/2以降5/9までの場合は、キャンセル料として受講料の半額を頂戴いたします。
5/10以降のキャンセルはキャンセル料として受講料の全額を頂戴いたします。

【その他注意点】
・参加ボタンを押しただけではお申込み完了とはなりません。上記お申込みフォームもしくは、「きしな屋木桶部」宛FBメッセージにてお申込みをお願いいたします。
またFBコメントなどの書き込みでのお申込みはご対応できかねますので、あらかじめご了承ください。

 

 

関連記事